総合栄養食

キャットフードに含んではいけない物

猫ちゃんと暮らしていると、自分のご飯をおすそ分けしたくなります。
猫ちゃんに欲しそうな顔をされると断れなくなることもあるでしょう。
しかし、人間の食べ物の中には猫には食べさせない方がよいものがあります。
キャットフードにはNGの食材http://xn--nck1bpe3d4d0i.net/noeat.htmlを覚えて、猫ちゃんとの快適なお食事を楽しみましょう。

ネギ類(長ネギ・玉ねぎ・ニラなど)。
猫の血液の赤血球を破壊してしまう成分が含まれています。
貧血になる可能性があるのでキャットフードとしては食べさせないほうがよいでしょう。
生のイカ・タコ・エビ・貝類。

これらの食品にはビタミンB1を分解する酵素が含まれています。
チアミナーゼという酵素は大量に食べるとビタミンB1欠乏を起こす可能性があります。
この酵素は熱を加えると働かなくなるので、細かく刻んで加熱してからキャットフードに使うといいでしょう。

鶏の骨。
肉をあげたくても鶏の骨には注意してください。
鋭い形に割れやすいので、のどに刺さることがあります。
骨付きの肉を調理する時は、肉を骨からとってあげましょう。

生卵の白み。
ビタミンを分解する酵素が含まれています。
加熱して食べさせるか、白みだけでなく全卵で食べさせてください。

チョコレート。
チョコレートにはテオブロミンという物質が含まれています。
これは神経を興奮させるので食べさせない方が安心です。
じゃがいもの芽。
人間にとっても毒となるソラニンという物質が含まれています。

食材ではないけれども注意しなければならない物があります。
まず鉢植えや花束などの観葉植物です。
毒性のあるものが多く、少量でも危険ですので注意してあげてください。

次に薬です。
特に人間の薬を間違えてなめたり食べたりすると死にいたる場合もあります。
保管には十分注意してください。
その他にも意外とあげてしまいそうなものに牛乳があります。

猫では消化できない栄養素が含まれているのでお腹を壊してしまうことがあります。
猫用のミルクを与えてください。
調味料にも気をつけましょう。
塩分を多くとりすぎてしまうと、FLUTD(猫下部尿路疾患)をおこしてしまう危険性があります。
辛し・わさび・しょう油なども刺激が強すぎるので気をつけましょう。
これらの食材を避け、栄養バランスの優れたキャットフード与えてあげてください。

Copyright(C) 2013 大切な猫のための食事 All Rights Reserved.