総合栄養食

ネコが好きなキャットフードに関して

猫は個体によって好き嫌いがはっきりしています
一番いいのは食べ慣れた食事で、毎日同じ物でもいいようです。
人間は雑食でいろいろなものを食べますが、同じ感覚でキャットフードを用意する必要はないのです。

猫が好きな食べ物とは何だと思いますか?日本人は「魚」だと答える人が多いでしょう。
でも、よく考えてみてください、猫は水が嫌いです。
自分で泳いで魚を狩ることはあまり考えられません。

日本人がよく魚を食べていたので、猫はその魚をお裾分けしてもらっていたのでしょう。
しかも、魚を猫が食べ過ぎると病気になることがあるので現実的にはあまりおすすめできない主食です。
外国ではどうでしょう。

インドではカレーを、イタリアではパスタを好きだと答える人が多いかもしれません。
どこの国でもその国の主食となっている食べ物を猫が好きだという人の割合が多いようです。
猫は離乳食の前後で食べていたものの味を好む傾向があるそうです。

また、好みは食事の味だけでなく、食べ物のにおい、食感(カリカリなのか、しっとりなのか)、温度などによっても好き嫌いが変わってくるそうです。
もし、あなたの猫が人間の食べものばかり欲しがるとしたら、この時期に人間の食べ物をもらっていたのかもしれません。
または、あなたに興味があるので、食べてる物にも興味がある、ということも考えられます。

猫はとても好奇心が強い動物ですから。
どちらにしても、人間の食べ物は猫にとってあまり良くないので、お裾分けはやめましょう。
ドライフード、ウェットフードhttp://www.petuniapress.com/wextuto.htmlなどの総合栄養食から、いろんな副食、おやつなど様々なキャットフードが販売されています。

家族になったばかりの猫がどんな食事が好きなのか、いろいろ試してみるとよいでしょう。
手作りをするときには、塩分の入れ過ぎは猫にとって体の負担となり、病気の原因になってしまうので特に気をつけましょう。
キャットフードではありませんが、猫が好きな物といえば「マタタビ」です。

マタタビは粉や枝がペットショップで販売されています。
これは食べ物というより、においをかいで恍惚状態になるものです。
性的に未熟な子猫やメス猫にはあまり効果がないこともあるようですが、マタタビ効果でストレス解消ができるようなので、大好きなキャットフードと同じように時々ご褒美感覚でマタタビを与えてあげると猫とのコミュニケーションもより良くなるでしょう。
猫と一緒に犬も飼われている方は、愛犬に成長に合わせたドッグフードを食べさせてあげましょう。

Copyright(C) 2013 大切な猫のための食事 All Rights Reserved.