総合栄養食

野菜も入っているキャットフードのメリット

猫はもともと肉食なので、野菜や穀物をそのまま食べることはおすすめできません。
消化がうまくできずに胃や腸に負担がかかってしまいます。
ペットショップで売られている「猫草」は栄養を新鮮な形で摂取するものだと思われがちですが違います。

猫を飼うと分かりますが、あれはどちらかというと胃を刺激して毛玉をはくためのもののようです。
猫草を見るとたいていの猫がかじりますが、その後には必ずはいています。
野生で暮らしていた猫や、自分でねずみを捕まえて食べる猫は、動物の内蔵も丸ごと食べます。

小動物の内蔵に残っている消化途中の野菜や穀物をちゃんと摂取できていたのです。
肉食のみでは摂取できないビタミンや食物繊維などを、そこから摂取していたのでしょう。
猫の消化器は野菜向きではありませんが、これならお腹を壊す心配がありません。

ビタミンや食物繊維をとることは便通をよくしたり、体調を整えたりしてくれます。
ではやっぱり猫に野菜を食べさせた方が良いのか、というとそうではありません。
野菜の消化に必要な体ができていないのです。

飼い主が調理して猫の食事を用意してあげるという方は、猫が食べても良いものと食べさせ方を知っておく必要があります。
ネギやホウレンソウ、塩などの調味料は猫の体に良くないので絶対あげてはいけません
イモ類は繊維質で便秘予防のために食べさせる方も多いようです。

柔らかくゆでた後小さくして、胃の負担を減らしてから普段のキャットフードにまぜましょう。
カロリーが高いので与える量には注意ししてください。
にんじんは硬くて消化しにくいため、柔らかく煮た後裏ごししましょう。

豆類の良質なタンパク質は猫にも与えたいものですが、指で簡単につぶれるくらい柔らかく煮てから使いましょう。
このように、猫が安心して食べられる形で野菜をキャットフードに混ぜるのも良いのですが、なにより大変な作業です。
野菜入りのキャットフードなら、猫に必要な野菜だけを消化しやすい形で食事に取り入れる事ができます。

カロリー計算も簡単ですね。
キャットフードにもいろいろあるように野菜入りキャットフードにも様々な食感や味の違いがあります。
猫が好きなものはどれか、いろいろ試してあげるとよいでしょう。


Copyright(C) 2013 大切な猫のための食事 All Rights Reserved.